ブルーレイ関連

  • 「スイートプリキュア♪」TVシリーズBD版続々リリース
    プリキュアシリーズのTVシリーズBD化第一弾がきました。まずは現在放送中の「スイートプリキュア♪」がBD化です。 第1巻はキュアメロディが目印で絶賛発売中! 第2巻はキュアリズムが目印で2月24日にマーベラスAQLより発売!

最近のトラックバック

魔法少女リリカルなのはViVid

初音ミク-Project DIVA-

QMA

« 「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-」買った | トップページ | 「ゼーガペイン」BD化投票で総合1位確定! »

2010年1月26日 (火)

「Magical Girl Lyrical NANOHA The MOVIE 1st」観てきたぜ!

ということで、やっとこさ本日、109シネマズ名古屋にて劇場版「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」を鑑賞してきました!

とりあえず現地に9時過ぎに着く前提で出発。現地に9時15分着。で1Fで9時半から優先入場を実施するとのことで、そちらに移動…でそこには恐れていた光景がwwwww

嘘だろ、公開3日目の月曜(平日)の朝9時でどんだけ並んでるんだよwwwww
ちょっと少しだけ絶望的な気分になった…

だって少し離れたセブンイレブンまで並んでるだぜwその距離約150m(目測)
ちょっとまて!おまいら気合い入れすぎだろ…仕事・学校はどうした!?(まぁ俺は普通に公休日だったのですが…)

その後9時半に開場、一気に客がなだれ込む。
劇場ロビーはあっという間に満杯。9時40分頃にチケット窓口へ…。チケット売場はレジ不調の1台を除く約6台がフル稼働。平日朝でこの人的対応は凄すぎる。おそらく、昨日一昨日の惨状で急遽対応したんだろうけどw

http://109cinemas.net/nagoya/
1/23(土)、24(日)ご来場のお客様へ
1/23(土)より公開の『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』などの混雑により1/23(土)、24(日)にご来場いただきましたお客様に対してご案内が行き届かず、多大なるご迷惑をおかけする結果となってしまいました。誠に申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。
今後はご案内の徹底を図り、より快適にご利用いただける劇場運営に最善を尽くしてまいる所存でございます。
何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

↑というお詫び文が109公式に掲載されてました。完全に昨日一昨日は一般のお客様を含めて悲惨な状況だったんだろうなぁと推測できます。

さて、10時の回はなんとあと数席で完売というところ…しかも空席は最前列のみ。
これはいけないと思い、急遽13時の回に変更。まぁこちらは後方左側の席が確保できたので、それでよしとする。それでも空席はもうほぼないような状況wwww

とりあえずチケット確保後、物販ブースに移動して肝心のパンフレットを確保。バックヤードに大量のパンフが山積みになってるのに驚く。なのはと書かれた段ボール10箱は見えた。1箱100冊としても1000冊が在庫にある計算に。

こちらも極めてスムーズに進行。ここで地味に重要なことに気づく。あれ、ここまで俺たち(連れ含む)チケット売り場でもパンフ売り場でも作品名を一切店員に言ってないよwww
自動的に「なのは」のチケットとパンフを渡された訳ですが。

訓練された109の店員は流石だぜと感心w

その後、時間消費のためにアニメイトとメロンブックスなどをはしごしつつ、昼食後、再び劇場に。
地味に物販のパンフ在庫箱が半減してる件w
この数時間でどんだけセールスしてるんだよ…

こりゃパンフ在庫尽きるのも時間の問題か…。

13:05上映回ということで12:55より入場開始。この地点で劇場前の入り口は既にカオス状態。
ロビーは劇混み、身動きとれないよこれw座席は13時の回は全席完売とのアナウンスも流れ、更にカオス。
チケット半券回収後、シアター6へ。シアター6の前で、再び長蛇の列。
ここでリピートポイントカードの受け渡し、捺印、特典交換を実施。チケット半券・ポイントカードの提示を求められる。

とりあえず座席に座り、上映開始待ち。13:05予告編・CM類がスタート。この地点で座席の3分の1も埋まってないことに気づく。
完全にポイントカードの受け渡しで詰まってるwwww
予告編の間も凄い勢いで客が流入。とりあえず本編開始時にはほぼ全席埋まったので、問題は無かったですが、やはりこの上映スケジュールは無理してるなぁと。
まぁ1日5回上映しようとすると致し方ないですが、超過密スケジュール過ぎますよ…。

本編130分はあっという間に過ぎる。というか、マジでここまで泣いてしまうとは。
本編中、劇場内の至る所から鼻をすする音が聞こえてくるんですが…みんな泣きすぎだw
という俺も中盤近くまでは耐えてきたけど、ある一点を超えた瞬間からもう涙出っぱなし。
確実に5・6回は泣いた。
ええ、ハンカチはマジで必要です。制作スタッフの「なのは」に対する愛をめいっぱい感じ取れましたよ。
TVシリーズ1期を放送1話からずっと追っかけてきた俺としても、色々感慨深いものもあって、本当に久しぶりに感動しました。

もう台詞の端々が全部良すぎて…。グッときてしまう。
なにより俺が凄いと思ったのが、もし初見だとしても、ストーリーはしっかり追いかけられる点。普通に劇場作品として成り立ってるのが凄いです。
TVシリーズの総集編とも取られがちですが、全く別物のクオリティを魅せてくれます。
まぁ作画など劇場クオリティとは言い切れない部分もありますが、深夜アニメの劇場版として考えれば、十二分な待遇と言っていいのではないかと。

ってこれ書きながら「PHANTOM MINDS」と「Don't be long」を聞きながら歌詞見てますが、もうそれだけで泣けるんです。劇場効果怖すぎる。
なのはとフェイトの本気のぶつかり合い、そしてフェイトとプレシアの関係性などなどTVシリーズでは描ききれなかった部分を本作では深く掘り下げています。
特に個人的にはプレシアが良かった。ただの虐待母ではない、人としての苦悩・絶望・悲しみ、そしてフェイトに対する感情、全てがよく表現されてました。
プレシアが放った最後の言葉(ネタバレになるので伏せますが)に全てが凝縮されてる気もします…。

上映後、凄まじくいい気分で劇場を後にしました。
そして連れと共に言ったのは「これBD(DVD)購入確定でしょ」
なのはオタなら絶対買いです。この感動は早く皆さんにも是非みて頂きたい。
劇場チケットの争奪戦はかなり熾烈ではありますが、見れる方はぜひ、一度!
そしてまだ「なのは」に触れた事の無い方でも十分楽しめる映画になってますので、初見の方も是非どうぞ!

追伸
劇場販売のパンフレットは絶対買って下さい!あんな豪華なパンフまず無いです。
1000円のパンフで96pフルカラーとか…普通に2500円のファンブッククラスの内容です。
とりあえず、スタッフ・キャストインタビュー(レイハさん、バルティッシュの中の人のコメもあり)、「なのは」シリーズコミック連載全作家合同による、出版社の垣根を越えたスペシャルコラボなフルカラーコミック、劇場版設定資料集、劇場版世界観解説、本編ストーリーダイジェスト、ヴァイスシュバルツ限定仕様カードなどなどが収録されて、この値段。
絶対これだけは劇場で押さえておきたいグッズになると思います。

追伸の追伸
PS3/PSPソフト「週刊・トロステーション」1/22配信分にてPSP版「なのはA's」と劇場版「なのは1st」を大特集中です。
今回はかなりの神回となっております。配信は1/29夕方までですので、どうぞお早めに!

追伸の追伸の追伸
早くブルーレイ出してください!絶対100%買いますから!他のソフトは買わずとも、これだけは絶対買う!

さぁ2回目・3回目はいつ見に行こうかなぁ。今からスケジュールの調整します!!

« 「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-」買った | トップページ | 「ゼーガペイン」BD化投票で総合1位確定! »

リリカルなのは」カテゴリの記事

コメント

まさか昔(1st公開初日)の方が対応が良かったと実感できる日が来るとは夢にも思わなかった……(2012/07/15現在)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217912/47391943

この記事へのトラックバック一覧です: 「Magical Girl Lyrical NANOHA The MOVIE 1st」観てきたぜ!:

« 「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE-THE BATTLE OF ACES-」買った | トップページ | 「ゼーガペイン」BD化投票で総合1位確定! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

てぃーえーグループ本部

イチ押しアイテム

アマゾンリンク

google AdSense