てぃーえーグループ本部blog

まったりとしたアニオタ会社員の日記を晒していきます。
なんか気づいたら、「プリキュア」と「なのは」専門ブログと化してる現状ですが、それもご愛嬌ということでお許し下さい。
あと、どうやら最近はプリキュアに変身する力を授かったようで、ごく稀に街を守りに行ってる模様です。

    カテゴリ: アニメ・コミック

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで新年度になり、春新番が続々スタートを切っております。毎度の通り、とりあえず視聴できる作品は極力1話はチェックする方向で進めていきます。
    で可能な限り、切るか継続かを1話で判断していきます。そうしないと、パンクしちゃいますから。

    で今期チェック第一号は「Angel Beats!」(CBC)でした。
    key作品では有名なシナリオライター麻枝准が、全話脚本を担当した完全オリジナルTVアニメということで非常に話題性の高い作品となっています。
    まぁこのご時世、原作なしのオリジナル作品の企画が通ったこと自体、奇跡な気もしますけど…。
    1話はOPなしでAパート、Bパート、ED、予告という構成。提供クレジットもBパート本編中と、予告後の通常クレジットの形態。
    というか、Bパート開始直後のテロップ祭に吹いたwどんだけテロ入れてるのかと。
    提供クレジットに、限定待受案内に、CD発売告知に、次回放送時間変更告知と4種ものテロップを繰り出してくれちゃってますw
    まぁ素直に綺麗な画面で見たかったら、BD買えやということですね。

    とりあえず1話観た感想としては、まだ何がなにやらという状態。PVやら、雑誌記事やら、スタッフインタビューやら、一部局で放送された事前特番などで、あれだけ散々煽っておいた割には微妙な気配も。(まぁ製作側がハードルあげまくってたのも相当あると思います)
    とりあえず、1話のライブシーンに関しては、曲のせいもあるかもしれませんが、おおっと思わせる演出は無かった感じ。
    作画枚数は全話1万枚オーバーらしいので、動くことは動いてるんですが、それを生かし切れてないのが残念。
    やはりTVアニメクオリティの域を出てない印象です。製作サイド的にはOVAクオリティを目指してたんだとは思うのですが…(これまでの各種インタビューなどから、私個人が勝手に推測した話ですけど)

    まぁ2話目も見たいなとは思いましたが、事前ハードルを高く設定しすぎたせいで、ガッカリ感も多少あるのもまた事実。これ普通の宣伝程度だったら、結構評価されてたんじゃないですかね。そういう意味では非常に勿体ないし、宣伝失敗の気もする。
    とにかくあと2、3話が正念場ですね。ここで、BD1巻が売れるか否かが決定づけられると思います。

    さて、EDのアーティストに皆さん気づきました?EDは多田葵さんが歌ってるんですが、ご存じの方も多いでしょう。元声優の多田葵さんその人です。
    俺的には完全に「カウボーイビバップ」のエドと、「デジモンテイマーズ」のテリアモンの中の人なんですけどねw
    「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」に続く、アニソン担当になります。

    あ、あと今回の製作委員会(Angel Beats! Project)のメンバーをみてみると、アニプレックス、アスキー・メディアワークス、ビジュアルアーツ、ピーエーワークス、ムービック、電通、毎日放送の7社と中部日本放送で構成されてます。
    今回またも戦国BASARAに続き、MBS・CBCの共同製作(?)で動いてるようです。
    ただクレジット上、Angel Beats! Projectの7社とCBCは、分離してクレジットされてるところがちょっとよくわからん感じです。
    MBSはAngel Beats! Projectの側にクレジットされてるんですけどね。
    この辺りに明るい方の情報お待ちしてますw

    そんな感じで今日はここまでです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    http://www.sunrise-anime.jp/news/zegapain/news/index.php

    >3月27日〜28日に東京ビッグサイトで開催される「東京国際アニメフェア2010」にて、
    >ゼーガペインのイベントを下記要領で実施致します。

    >イベント名:「ゼーガペイン」ROBOT魂発売&BS11放送開始記念トークイベント
    >日程:3月27日(土)13時30分〜
    >場所:バンダイナムコブース内ステージ
    >出演:浅沼晋太郎(ソゴル・キョウ役)・花澤香菜(カミナギ・リョーコ役)
    >   下田正美(監督)・幡池裕行(キャラクター原案)
    >主催:ゼーガペイン製作委員会

    キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

    まさかの東京国際アニメフェアで、スタッフ・キャスト陣によるトークイベントきましたよ!!
    というかBS11での再放送開始記念でのトークイベントって…。再放送ですよ、再放送。
    イベントの規模的に考えれば、普通に新番組並みの扱いじゃないか。

    製作委員会サイドも、再放送を皮切りに再度盛り上げようという気迫が感じられて、俺的にはすごく嬉しい限り。
    ただ、土曜は無理なんだ…仕事なんだ…。行きたいけど、無理だ…。
    BD出たら、買うから…BD化をそこで発表してくれ…頼む…という気分。

    本当に今回のBS11での放送はめっちゃ待望だったりします。
    本放送時はRecpot使って、HD画質で視聴はしてたんですが、最終保存はDVD(SD)だったので、手元にはBSジャパンをダウンコン録画した素材しか放送バージョンは持ってないんですよ。
    今回のBS11版でも本放送バージョンの素材を使ってHD画質で放送してくれることに期待してます。
    地味に来期の全ての新番を差し置いて、一番期待してる作品だったりしますw

    とにかく、序盤5・6話まで我慢して見れば、その後は一気に畳みかける怒涛の展開が待ってますので、絶対損はさせません。未見の方でBS11視聴環境がある方はぜひぜひ、見てみてください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで先日から行ってた、とある魔術の禁書目録TVシリーズ後半戦#14-#24の再見終了しました。今日は朝から5話分一気見して、そのまま超電磁砲#23を再視聴という流れ。

    で改めて思ったのが…うわぁ原作読みてぇ…って事w
    しかしシリーズもののライトノベルは社会人になってからは意図的に避けてきただけに、ここで解禁というのも…。(意図的に避けた理由は物理的にゆっくり読む時間作りにくいから。コミックなら、流し読みとかできるけど、ラノベは澄

    どうするか考えつつ、アマゾン発注か、店頭購入かを検討したいと思います。って、もう解禁前提になっとるしwというのは仕様です。

    しかしここから20巻まで読むのはおじさんには結構しんどいよ…。休みの日使ってもせいぜい2冊が限界。となると休み10日分消費か。(仕事のは疲れてるから、中々読めないと思う次第。でも面白かったら読むんだろうなぁ…。)

    そういえば今更な話なんですが、個人的に今日驚いた事が・・・
    本作の白井黒子役の人いえば、新井里美さんな訳ですが、この人って…
    2005年放送のTVアニメ「まほらば〜heartful days〜」で5役ぐらいやってた梢役の人だったんですねぇ。
    当時、私はこの作品見てて、「なんか横山智佐っぽい声質の人が出てきたなぁ。演技上手いし、声の使い分けも凄いし、絶対今後売れるだろうなぁ」とか周辺で話してた記憶があるんですが、当時はほぼそれっきりだったんですよね。
    まさかあれから5年経って、黒子役で当たり役を再び引いていたとは。
    全く気づきませんでした。なんか名前は見覚えあるような…的な感覚でしか無かったもので。

    いやはや、今日地味に驚いた話でした。これからの新井里美さんの更なる活躍に期待です。

    とりあえず今日はここまで。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで実は…地味にただ今「とある魔術の禁書目録」のTVシリーズを再び見直してたりします…。
    一応CBC本放送当時に録画したBDがあるので、それで#14〜#18までプレイバック完了。(#13までは記憶がある程度残ってるので、今回はパス)でここまで見直して、なんで当時セルBD買わなかったのか、少し後悔中orz

    あと6本、なんとか超電磁砲最終話までにプレイバック完了をする予定で急遽消化中です。

    ここにきて「とある」シリーズにヒットするとか、、、なんで去年はヒットしなかったんだろうか???
    個人的には中ヒットぐらいだったはずなのですが。

    そんなこんなで、今日はこの辺で寝ます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで「とある科学の超電磁砲」もいよいよ次回最終回となる訳ですが
    すみません…ここ1ヶ月分ぐらいずっと溜め込んでましたw

    で先日友人と買い物に行った際に「めっちゃ面白くなってるから」と聞きつけ、早速帰宅後に溜め込んでた1ヶ月分を一気に観ました。すると…「なんだこの引き演出、いいじゃねぇか」と思った次第。

    いつも地上波のCBCで録画・保存をしてるのですが、今回は遂に最新話を観るのに我慢できずにAT-X HD!で先ほどリアルタイム視聴(15日23:00-)してきました。
    いやぁ元々スカパー!HDに契約してるんで、当然CBCより放送が早いAT-Xを最初から観ればいい話なのですが、現状としては録画サーバーへの保存しかできなくて、BD化してディスクにアウトプットできない都合、面倒になってCBCで保存してるんですよねぇ…。
    (勿論、画質・音質の面でも劣っているという理由も多少なりともありますが…ってこれじゃスカパー!契約してる意味ねぇぇぇぇwな感じになってます)
    今度のパナの新レコが対応してるので、地味に少し欲しくなってみたりもしてます。

    で話を戻しまして、#23ですが、いやまさにこれからクライマックスって感じで終わりましたよー。
    最終話をどんな形で〆てくれるのか、今から楽しみで仕方ありません。ただテレスティーナの変貌振りはちょっと急すぎw
    もうちょっと前の話数で前振りが欲しかったなと。なんかすごく唐突感が残りました。
    その辺のいきさつもほとんど触れられていないのも原因のひとつと考えられますが。

    次回#24は「Dear my friends」ということで、前期ED曲のタイトルになぞらえたサブタイとなっています。
    是非、「only my railgun」とWで本編で流して欲しいな。という個人的希望が・・・。
    1クール目の最後のOP鳴りながらのシーンは、熱かったですし。ああいうの希望です。

    それでは泣いても笑ってもラストワン。来週のオンエアを楽しみに待ちましょう。
    そして噂の禁書2期の発表は本当にあるのか?も。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いやはやいち早く、この話をネットで知ってたのに色々とあって更新できなくて(´・ω・`)としてたてぃーえーですw

    そうです!「ゼーガペイン」がなんとBSデジタル放送のBS11デジタル(BS211ch)で再放送決定です!
    http://www.bs11.jp/anime/914/
    放送は2010年4月10日(土)23:00〜放映開始です。

    勿論、BS11デジタルは無料放送チャンネルですから、BS受信機器さえあれば全国どこでも視聴できちゃいます。

    これはBD化決定フラグとみてよろしいですか?
    個人的には当然来期新番組で一番の期待作なのですが(マテ)

    ぜひぜひ、未見の皆さんには一度観て欲しい!と思う作品です。とりあえず5話まで我慢してください。絶対面白くなりますから!!

    このblogでも再放送にあわせて、時折このゼーガペインについては触れていきたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで、なんと2003年以来、7年振りにABC・テレ朝系の朝8:30枠の視聴継続が確定した件について。

    例の「おジャ魔女プリキュア ハートキャッチプリキュア!」の#2も観た訳ですが、今年本気過ぎるだろ…東映。
    地味におジャ魔女信者である俺的には、まさか7年振りにこの枠を継続視聴に含めるとは思ってもなかった訳ですよ。
    プリキュアも無印は少し観てましたけど、それ以後は音沙汰なし。いまいちピーンと来るものがなく、一応どのシリーズも大抵1話は観てたんですけどね…。ただ、フレッシュだけはキャラ画が気に入らなくてスルーだったんですけど…すみません。

    今期新番も結構溜め込んでる中で、このHCだけはもう2回観てるんですがw
    その間に別の作品チェックできるだろ!という突っ込みはナシでw

    いろいろと勢いあふれるフィルムで観てる側も圧倒されっぱなしです。しかしOPの完成度は実に素晴らしい。久々に動くアニメーションアニメーションしてるOPだなと。
    俺としては今期絶賛するなら、このHCプリキュアと、ソラノオト、刀語の3点買いでいいと思います。

    しかし4クール、1年は長く険しい道のりになりそうだなぁ…4クール作品を捕獲するのは何年ぶりのことやら、そして俺の体力がもつのか?色々と厳しいですが、頑張ってみたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということでプリキュアシリーズ最新作「ハートキャッチプリキュア!」1話の録画分を今日チェックしました。

    個人的にこの枠はプリキュア初期までしか見てなかったりするんですが…。あれからもう何年経つんだ?状態です。
    でなんで今年改めてこのシリーズから見ることにしたかと言うと…
    「おジャ魔女どれみ」シリーズのメインスタッフが再集結して、制作する「プリキュア」だからという理由だったりしますw

    でまぁ1話を見てた訳ですが…こりゃプリキュアじゃないわw流石にここまでおジャ魔女色を前面に押し出してくるとは思わなかったぜ…。
    流石、おジャ魔女スタッフオールスターズなだけはある。

    ちなみに今回のシリーズ、企画担当が関弘美さん(おジャ魔女シリーズプロデューサー)に、シリーズ構成・脚本は勿論、山田隆司(栗山緑)先生、キャラデザは馬越嘉彦、シリーズディレクターは長峰達也と完全におジャ魔女スタッフシフトに吹いた。
    7年振りのこの布陣。序盤から、おジャ魔女では普通に登場してたキャラクターの崩し絵も多数出現。既にプリキュア臭がなさ過ぎるwwww

    これはおジャ魔女世代の大きなお友達は間違いなく、釣れる!というか、既に俺が釣られている件。

    あと早速キャスト名が隠されているキャラ(キュアムーンライト)もいるし…。ああ魔女界の女王様ポジションか…。多分そのうちきちっと、中の人が別キャラでレギュラー出演すると思います。
    ネタバレはシリーズ後半までお預けなのはもうデフォの方向で。
    しかし、キャラの一枚絵を見たときは('A`)ってなってたのに、動いた映像を見ると違和感が全くないという不思議。流石、馬越神のキャラデザクオリティはズバ抜けてます…。

    キャスト陣も中々のメンツを揃えてて、気合い入っている印象を強く受けました。
    ただ…やっぱり水樹さんは…(ryやっぱり違和感が残ったなぁ…。いや、水樹さん嫌いじゃないですよ、むしろ好きな方ですけど、やっぱり演技的な部分は中々…。
    ニニンがシノブ伝のシノブを超えることはできないかーorz

    原画陣も中々豪勢。1話だからやっぱ気合い入ってるなぁという感じ。

    お話もこれまでの雰囲気とは大分違う印象。多分これまでのプリキュアファン層からは批判が出る予感がします。逆におジャ魔女層からは支持されるかと。
    さてこのおジャ魔女プリキュアがどうなっていくのか…ちょっと気になるところです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    http://meister.blu-raydisc.com/jp/blulog/info.php#000467

    キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

    前回「true tears」に惜しくも惜敗し、2位に甘んじていた「ゼーガペイン」ですが、今回はなんと総合1位を獲得することに成功!
    これもひとえに、みんなの力の賜物でしょう!

    ただこれでBD化が決定した訳ではなく、ようやくここからBD制作に向けた交渉のテーブルに初めて乗っかる訳で…。
    なんとか商品化して頂けるような形にぜひとも持って行って頂きたいです。

    出たら買いますから、間違いなく!

    できればリリースが決定した暁には、もう一度TVで(BS11とかでいいので)再放送とかして欲しいなぁと。それでセレブラント増やそうぜ!ってな感じでしょう。

    いやはや、本当に嬉しい。これからの続報に期待です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで改めまして、てぃーえーです。

    一応この記事が私の実質新年1発目の記事になりますw
    (1日のは事前に用意してたやつですし…)

    年が明けて、やっと落ち着いてきたところです。で休みの前日にamazon.co.jpでまたもや買いまくってしまいました…。
    今回買ったのはこれ。

    とこれ です。

    当時の懐かしさと40%off&30%offで心動かされて、次の瞬間にはカートに入れるをクリックしてましたよw
    で今日早速到着したので、一気に観てましたwとりあえず前半部分とラスト4話は観ましたよ。
    改めてこの作品の面白さを痛感した次第です。本放送当時も子供ながら毎週欠かさず観てた記憶のある作品でした。で最終話のラストシーンだけが鮮烈に記憶に残ってて…ってなパターンです。

    DVD化自体はこれで2度目のようで、(最初にバンダイビジュアルで限定BOX発売後、タキコーポレーションで現行商品が出てます)最初のバンダイ盤との比較は全くできないのですが、画質・音質自体は1995年の作品としては十分なクオリティを維持しているのではないでしょうか…。
    個人的には放送がモノラルだったお陰でDVDも勿論モノラル収録ということぐらい…。95年だともうステレオ作品も増えてきてる頃なんですけどね…流石テロ朝系列クオリティ。

    OPに松雪泰子と松田聖子を起用するという豪華主題歌陣に加えて、キャスト面でも櫻井智や岡野浩介、井上喜久子ら豪華声優陣といった具合に、流石夕方ゴールデン枠のアニメだけあって、待遇はなかなかのものです。
    ただ逆に当時の野球中継なども当然あり、そのため本作は4クール作品なのに全43話と勿体ない本数になっています。
    個人的にはあと2・3本は欲しかったですね。そうであれば最終話をそこまで詰め込まなくて済んだ訳ですし…と残念なところが幾つか目立ってますが、それを余裕で帳消しにできるぐらい、全体のクオリティはTVシリーズとしては良好です。

    ぜひ、みなさんもセイントテールのDVDとかいかがでしょうか…。

    このページのトップヘ