てぃーえーグループ本部blog

まったりとしたアニオタ会社員の日記を晒していきます。
なんか気づいたら、「プリキュア」と「なのは」専門ブログと化してる現状ですが、それもご愛嬌ということでお許し下さい。
あと、どうやら最近はプリキュアに変身する力を授かったようで、ごく稀に街を守りに行ってる模様です。

    カテゴリ: リリカルなのは

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キキキキキキキキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

    ってな訳で本日より一部で早売り情報が出てまいりました。
    結局メガミマガジン100号での発表内容は、「なのは劇場版1st」の制作決定と「StrikerS」新作ドラマCDの発売告知がメインとなりました。

    劇場版「なのは」については要約すると以下のとおり。(以下2ch当該スレMOONPHASEさんほかの情報を参考)
    ・作品タイトルは「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
    ・公開時期は現在確認中。
    ・「無印」(第1期)を新デザイン、新設定、新解釈によって再度新作として作り直し。過去TVシリーズとの整合性について劇場版は「パラレルワールド」と位置づけ。
    ・当然、タイトルに「1st」と書かれているということは、その後には…
    ・設定面で大きく変わるのは「なのフェイ」のBJデザインとレイハとバルのデザインの新規押しなおし等。

    といった感じです。とにかく予想の斜め上をいくこの新展開。公開劇場規模については触れられてないみたいですが、たぶん都内の単館上映系かよくて大都市圏の一部シネコンという辺りではないでしょうか。当然大きなお友達専用な訳ですし…劇場版「AIR」ぐらいの公開規模があればベストだとは思いますが・・・。

    さらに今月はもういっちょ大きな目玉情報が!
    「StrikerS」後を描く新作ドラマCD発売決定です。発売はコミケ先行発売で、後日一般発売される模様。
    タイトルは「StrikerS サウンドステージX」(タイトルに「魔法少女リリカルなのは」の文言は入りません)でCD2枚組2時間に渡る長編ドラマCDです。
    出演陣はA'sまでに出たキャラを除いたメインキャラクター。即ち、なのフェイやらはやてやらヴォルケンやらは一切出ないということです。(なのでタイトルから「なのは」を外したものと思われます)舞台は「なのはStrikerS」終了後から3年後の話。ティアナを軸に話は進むみたいです。さらにナンバーズも仲間として事件解決に協力するなど中々期待の持てる作品です。

    この告知が同時に行われたわけで、なのはヲタとしては動揺を通り越しておりますw

    とにかく今後の続報に期待すると共に、明後日発売の「メガミマガジン」はなのはファン必読の一冊となること間違いなしです!

    Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2008年 09月号 [雑誌]
    ↑今すぐ絶対チェックですぜw

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    まずはキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!とw

    なにがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!かと申しますと、7月30日発売のメガミマガジン9月号のことでございます。
    この号でメガマガは創刊100号目になる記念号なのですが、そのラインナップが素晴らしすぎます。
    何が素晴らしいかと言いますと、、、。

    「魔法少女リリカルなのは」特集なのですよ。

    予告段階だけで…表紙+B2ポスター+ドラマCDの3点コンボですよw
    「StrikerS」放送終了から約10か月が経過し、その後の新企画etcの発表も一切なにもない状況で、この破格の扱いw
    既に俄然期待度はMAXになります。

    もともと「メガマガ」は「なのは」シリーズにべったりではありましたが、放映中の作品を差し置いて、雑誌の表紙どころか新録ドラマCDまで付録で付けるこの扱い。
    何か新しい動きがあるのは堅いとみるのが自然ではないでしょうか。巷では「劇場版」だ、「OVA」だ、「TV4期」だと色々噂が絶えない訳ですが、はてさてどういった展開を今後見せるのか気になってまいります。

    個人的には雑誌発売時期がコミケ前ですので、そのタイミングでの発表というのも気になるところです。過去、コミケで続編サプライズ発表などがあっただけに今回も気は抜けません。

    ドラマCDについては「サウンドステージM3」ということで、こちらも過去の付録CDでの連番となっています。脚本は勿論、原作・脚本の都築真紀が担当。
    出演キャストは高町なのは:田村ゆかり、フェイト・T・ハラオウン:水樹奈々、八神はやて:植田佳奈、高町ヴィヴィオ:水橋かおり、スバル・ナカジマ:斎藤千和、ティアナ・ランスター:中原麻衣、キャロ・ル・ルシエ:高橋美佳子、エリオ・モンディアル:井上麻里奈となっており、機動六課メンバーの中では隊長陣+ステエキというほぼ標準的なメンツです。でも、これは付録CDの中では過去最高の出演者数な気も…。

    どちらにせよ、メガマガ9月号はもう買い確定!ですよ。

    追記:速報きました。詳しくはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨晩39.8℃の高熱を出して、死にかけてたてぃーえーです。
    ただの風邪でここまで高熱出したのは10年ぶりぐらいじゃないだろうか…
    昨日普通に仕事してて、朝から異様にのどが痛いな〜と思ってたら、午後になって急激に頭痛が。夕方には悪寒がしてきて「こりゃ確実にヤバい」と思いつつも、仕事はせねばならないので、我慢して仕事。

    夜6時半に仕事を無理やり切り上げてフラフラになりながら帰宅。(車で通勤してるので、これも結構ヒヤヒヤもの…)
    当初は知人と会う約束があったものの、こんな体調なので急遽キャンセル。
    家に帰ってきて体温計で熱を計ると…なんと39.8℃というここ最近ではお目にかかったことのない体温でビックリ。あとはそのままブッ倒れてました…。バファリンとポカリスエットでとりあえずの対応をしつつ就寝。
    夜中に薬が切れて頭痛で目覚め。改めてバファリンを飲みなおして寝付く。

    今日は朝から車のディーラーへバンパー交換をしてもらって、病院に行ってきました。
    レントゲンとか色々と見てもらった上で、結果は喉風邪。年一回ぐらい喉風邪で高熱出してるなー俺。と思いつつも、ここまでの高温は今までなかっただけに今回は流石に疲れました。

    今はお医者さんからもらった薬を飲んで、体もかなり楽に。たまたま今日が休みで助かりました。明日からまだ仕事ですし。なんとか今日中に回復させて明日からの仕事に備えねば。

    で…
    一昨日到着してたんですが、すっかり触れ忘れてたのがコレ。
    Figma 魔法少女リリカルなのは StrikerS 高町なのは バリアジャケット Ver.
    アマゾンから届いてたんですが、すっかりスルーしてしまってましたw
    いやーこれは普段フィギュアとかまず買うことのない俺なのですが、これは買ってしまいました。
    だって全身可動ですよ。ある意味でロボ!
    これで思いのままにポーズをつけれる訳で…造形の出来の良さもさることながら、パーツ類の完備具合は流石です。グッドスマイルカンパニーはやっぱりいい仕事をしてます。

    これで完全になの破産まっしぐらな状況は不動のものとなってしまった感が…(遠い目)

    で、またまた話題は変わりまして…
    7月新番の「スレイヤーズREVOLUTION」ついにOP曲がラジオで解禁!
    私は東海ラジオの「林原めぐみのTokyo Boogie Night」で聞いてました。というかTBN自体聞いたのが数年ぶりです。
    10年ぐらい前は普通に毎週欠かさず聞いていたのを思い出します…。そして未だに全くといっていいほど雰囲気が変わってないのがまた凄い。懐かしさと共に聞き入ってしまいました。

    でここでOP曲「Plenty of grit」が初解禁。これはもう来期新番アニソンの中では上位確定ですよ。90年代後半の林原楽曲らしさがモロに出てる上に、佐藤英敏作曲という事で曲もどこか懐かしさというか、林原全盛期を彷彿とさせるメロディに俺歓喜状態です。
    コーラス奥井雅美というのもめちゃくちゃいいです。サビは鳥肌もの。
    そしてなにより歌詞がいい。最後の「いつだって いまここがはじまり」ってところはまさにこれこそ林原ソングといわんばかりの空気感。両手放しにバンザイな感じです。

    今から発売がwktkですよ。これは確実に購入することになるCDかと思います。この夏は閣下旋風が再び吹き荒れるのか、そのあたりも楽しみなところです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもです。ご報告が遅くなりましたが、無事「なのはSS」DVDシリーズ完走できました。(誰も聞いてないw)
    いやはや昨年7月からリリーススタートし、9か月かけて無事全巻購入完了しました。こうしてみると長いですが、当の本人にしてみれば大したことなかったり…
    ゲーマーズで全巻購入特典のDVD-BOXをもらって帰ってきました。いやはやBOXはやっぱいいですな。やはりコンプリートした後の爽快感が違いますよw

    4月初めに一気に刊行された「なのは」関連書籍もすべてゲットし、ゲマでテレカもらいました。いやはや本当に酷いなのはヲタぶりを発揮しております。
    気付けば同人誌も家の中でうず高く積まれ、ゆうに50冊は軽く超えております。そのうち100冊に到達する勢いなのではないかと思われます。当然購入歴は記憶を頼りにしてますので、既に数冊ぐらいダブり購入が発覚しておりますorz
    機会があれば我が友人方にお譲りする方向で、布教しようかと企んでおります。

    さて、こうした「なのは」関連の出費も今月で一段落・・・かと思いきや。

    こんなものが、5月25日に発売ですよ…関節可動+この価格帯ということで、めちゃくちゃグラっときてるんですが…。
    うーむ今までフィギュアには金を出したことが殆どないんですが、これは流石に買ってしまいそう…造形も悪くないし。ってな具合でかなり揺れておりますw

    まぁそれさえ過ぎれば当面の出費は無い予定。あとは夏の祭典で「なのはStrikerS PROJECT」が企業ブースで出展するようなことがあれば、4期フラグが完全成立ということになりましょうかw

    とりあえず早く次期作が見たいものですが、それまでは同スタッフ制作による「セキレイ」に期待する方向で待つことにします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    なのはSS Vol.8をゲマでゲット。その他、無印原画集、A's原画集etc、とらで同人etcなどなど大量購入で、トータル3万強消費。無駄遣いし過ぎですw

    で今日目撃した衝撃の出来事が・・・魔法少女リリカルなのはシリーズの原画集ですが、アニメイト名古屋店仕入れ杉w
    1Fのエレベーター横の段ボール箱(30箱ぐらい)全部、なのはの原画集でしたよw入荷箱のシールに「なのは原画集 17冊在中」ってな箱が山積みというか、鬼積みw
    衝撃的過ぎます。一冊2500円するこの本ですが、一度にこんなに仕入れなくても…仕入れ担当者の気合いの入れ具合が違いますw

    で、ゲマじゃDVD担当者が本部らしき人にtelしてるのを目撃。既に発売から販売数がこの店だけで3ケタいってますよーってな話。全く売れ行きが落ちてないご様子。

    今回もかなりガチな売上が予想されるだけに、各社とも仕入数量が半端無いですね。まぁ信者としては嬉しい限りですが、各店の仕入れ担当者は大変だなぁと似たような業界に身を置いている人間としては同情する面もあったりします。

    で、話を戻してDVDの話。
    ついにあのTVオンエアの際には信者である俺ですら、擁護不可能だった#24「雷光」ですが、DVD版ではありえないほどに鬼修正の嵐w
    というか、修正されてないカットの方が少ないんじゃないでしょうか。基本的にはコンテは一切いじってないのに、スピード感とかがあるんですよ。
    特に問題の挿入歌のシーンの改善ぶりは目を見張るものがあります。あのもっさりとした戦闘シーンがきちっとまとまってるw
    これは本当に買いでした。

    なのはのDVDもいよいよ来月で最終巻。ここまで8ヵ月の購入マラソンは長かった…
    いよいよ来月で一旦なの破産StrikerSDVD編が終了…ですが、そのままなだれ込むように、公式アンソロコミック、コミックス2巻、オフィシャルファンブックと4月頭まで延々と発売ラッシュですw
    3月末は残念ながら仕事に集中せざるを得ないため、ゲマに行けるのはおそらく4月上旬。となるとその時にまたウン万円の資金を投入して、一気買いすることになりそうですよ…。

    あとは4期制作フラグがたてば完璧ですが、どうなることやら…

    追伸:般若のアルバムは初回版で買いました。あとやっと新でじこテーマ曲「Waiting!」も捕獲しました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    で、すっかり感想を書き損ねた「魔法少女リリカルなのはStrikerS」ですが、最終話まで見た感想としては…
    最後まで見続けて見届けて本当に良かった。この一言に尽きます。特に24話は正直、信者の俺でさえ擁護不能なクオリティ&演出で閉口でしたが、25話と26話でそれらの気分を一掃。なのはさんの全力全開の魔砲が見れただけで満足しきってる俺がいたりしましたよ。

    もちろん、DVDは全巻購入継続確定ですし、気づいたらウン年ぶりに「トレカ」なる紙屑w(メーカーにとってはお金の成る紙)に投資するという見事過ぎる「なの破産」コースまっしぐらというダメ人間街道まっしぐら進行中です。
    気づいたら同人誌も山積みとなり、あらゆる意味でもうだめぽな末期症状となっております。
    こんだけアフォみたいに金使ったのって多分、エヴァ・ナデシコ以来かもしれない…(正直笑えないw)
    もうなにからなにまで酷いものです。

    で、何が言いたいかというと「4期はまだか!」の一点ですね。とりあえず関係者からはそれを匂わすコメントがマスコミから取り上げられてたりしますんで、期待するという方向で。
    まぁ空白の10年間のOVAでもいいし、普通にTVシリーズでもいいし。
    とりあえずなのはシリーズが見れたらそれでいいです(それでいいんかい!という突っ込みはご容赦)

    という事で、よろしゅうお願いします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで、各局順次放送が進んでいるなのはSS#17ですが、噂に違わぬ濃密な展開で、なのはファン待望の展開だと言えるんじゃないでしょうか。

    正直、1クール目を丸々準備編に充ててしまってたりして、シリーズ全体として統括すればいいのかもしれませんが、週に1話しか見れない視聴者にとってはこれまで相当程度のストレスが溜まってたというのも事実でしょう。
    (事実、私自身結構ストレス溜まってましたし…話が動かなさ過ぎて)

    まぁこの辺り、TV放送とDVDでの一挙視聴とでかなり印象面に差が出そうだなという気はしてます。

    で、肝心の17話ですが大きく話を割ると

    • 敵側(スカリエッティ)の管理局襲撃と管理局地上本部の壊滅
    • 機動六課隊舎壊滅
    • ヴィヴィオ拉致→おそらくラスボス化確定
    • ギンガ戦闘機人発覚、そして拉致→こちらも今後敵側フラグ
    • 同時にスバルも戦闘機人→覚醒するも捨て身で攻撃した為重症&マッハキャリバー大破
    • エリオ・ヴァイス、過去のトラウマ発動→こちらは伏線回収完了(?)

    主要な重要フラグはこんな感じで。
    これだけの重要な展開を1話に詰め込んでしまうなんて、なんと濃密なw
    作品内容に関しては各サイトや作品スレで議論が白熱してますんで、あんまり書きませんけど、私自身としてはやっと燃える展開になってきたなーと。
    ここで近日新OPという訳ですから、燃えない訳がない!これから9月末の放送終了まで全力完全燃焼で突っ込んでいきますよー。(まぁもちろん、なの破産しかねませんがw)

    で、今日ゲマでもらってきたアニカンの都築氏インタビューによると、19話〜最終話(エピローグ前)までの作中の経過時間はなんと2時間程度とのことです。
    劇中時間が2時間のところを8話弱(約210〜240分)という時間を使ってじっくりと描くとのことですので、かなりの緊迫感を味わえそうな予感です。

    あー早く次回の「翼、ふたたび」が見たい…
    おそらく次回はアースラが登場するだろうし、ここからいよいよ反撃の狼煙をあげるぞ!という話になるんでしょうなー。

    このページのトップヘ