てぃーえーグループ本部blog

まったりとしたアニオタ会社員の日記を晒していきます。
なんか気づいたら、「プリキュア」と「なのは」専門ブログと化してる現状ですが、それもご愛嬌ということでお許し下さい。
あと、どうやら最近はプリキュアに変身する力を授かったようで、ごく稀に街を守りに行ってる模様です。

    2010年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで噂のアレが本日よりPlayStation Storeで発売開始です。価格は3000円と中々のお値段ですが、あの「初音ミク-ProjectDIVA-」がPS3でプレイできるというだけで買いは間違いないでしょう!(但し、PSP版を所有している事がプレイ条件となってますが)

    私も早速本日昼一でDLして、プレイしましたけど…これは反則でしょw
    ミクさんがかわいすぎる・・・。本当にHD画質でプレイできるのは夢のようですよ。まぁ720pだけど。流石に1080pは無理ですよねー。

    ただこのソフト、起動時に必ずPSPを使って起動認証が必要なのが面倒。いちいちPSPをPS3とUSB接続させて、PSP側で認証アプリを立ち上げつつ、PS3のソフトを立ち上げて…と一連の作業が致命的に面倒くさい。
    せめて一度認証したら、30日は認証不要とかそういった方向で調整できなかったのかなと。
    多分割れ対策やら、PSP版を中古で買って、即転売とかといった方面での対策を優先した結果だとは思うけど、ユーザーの利便性は著しく悪い。
    あとPSP版を買ってくれたユーザーへの恩返しのためにあえて、書き戻し機能を外した云々の話も出てますけど、それなら尚更、こういう認証仕様にするぐらいならせめて、PS3版でクリアしたモジュール解放条件データをPSPに書き戻せる機能を付けろと声を大にして言いたい。

    このソフトはそもそもPSP版をプレイor所有してないと意味のないソフトで一蓮托生なんだから、セットとして機能してる以上、セーブデータも共有すべきだと思うが。
    勿論、トロフィー云々の話は理解できるので、あくまでもモジュール解放条件データ・楽曲解放条件データのみリンクさせるという形でも対応できたはず。
    まぁちょっとセガサイドの言い訳は苦しいモノがあると思いますよ。

    とまぁちょっと厳しい意見書きましたけど、やっぱりこの画質で動くというのは感動しましたよ。この先にはDIVA2も控えている事ですし、開発陣には是非頑張って頂きたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで、一部Twitterなどではおわかりかと思いますが、一昨日・昨日と2日間ちょっぴりおでかけしてきました。

    1日目は横浜・鎌倉観光。現在横浜在住で、大学時代の友人Y氏(ちなみにどちらかと言えば一般人)と共に鎌倉方面を一通り観光。昼に江ノ島で食べた「生しらす丼」はマジで絶品でした。水揚げのある時期しか食べられないので、運が良かったです。ちなみにそのお店、「男はつらいよ」シリーズのロケも行われた事もある店らしく、店頭に写真が飾られてました。
    鎌倉といえば、江ノ電ということで、江ノ島電鉄にも乗車。いやぁ風景がまさに「ふたりはプリキュアSplash☆Star」ですよw(←ここでそれを出すかw)
    やっぱ本編やOPに登場する風景を見ると、感動しますなぁ。

    その後は横浜市街地に戻って、みなとみらい地区を散策。ええ、ここも「プリキュアオールスターズDX」の聖地ですよw
    めっちゃ本編で見覚えのある風景とかありましたしw少しニヤニヤしながら歩いてる俺きめぇ状態ですw
    その後中華街で飯を食って、友人宅に移動後、横浜市内のビジネスホテルを予約して、俺はホテルに移動して1日目終了。
    たまたまホテルのテレビで東京MXが映ってたので見てたら、「迷い猫オーバーラン!」やってました。他に見る番組も無いから見てたけど、相変わらずのバカやってるなぁという感想。

    2日目は友人Y氏は普通に仕事なので、朝から俺一人で行動開始。早速、横浜から朝の通勤ラッシュに襲われながら、東京駅でコインロッカーに荷物を預けて、いざ出発。
    中央線快速に乗って、三鷹へ。数年ぶりにやってきました「ジブリ美術館」。周囲はほとんどが外国人(中国人がほとんど)という圧倒的アウェー感の中w入場。
    いやはややっぱここの短編映画は見応えありますな。今回は「くじらとり」だったのですが、キャラクターの躍動感とか素晴らしいし、話もシンプルながら、吸い寄せられるようで、見入ってしまいました。最後は観客全員から拍手が起こって終演。いいものみせて頂きました。
    展示物を改めてみつつ、約2時間かけて鑑賞して美術館をあとにします。
    そこからバスに乗って、今度は吉祥寺駅前へ。ここで丁度昼過ぎだったので、駅前のラーメン屋さんで昼飯。らーめん完食後、再び吉祥寺駅からバスに乗って、今度は大泉学園駅前へ。
    バスを降りて、ここから約15分ひたすら歩く。こういう時に「NAVITIME」の出番。
    素晴らしいまでのGPS精度で、ルート案内してくれます。これのお陰で迷わず「私、完璧!」に移動できるワケですw

    そうして到着した場所は、東映アニメーション大泉スタジオ。(外観は「ハートキャッチプリキュア!」の超デカイ看板が社屋に掛かってるから、一撃で見つかりますw)
    はい、まさに「プリキュアシリーズ」「デジモンシリーズ」等をはじめとする数々の名作アニメを生み出した東映アニメーションの本社スタジオです。実はこの中に「東映アニメーションギャラリー」という場所があって、その中で様々な展示品を観ることが出来るという素敵な場所なのです。
    ただこのギャラリー、実は普通に会社の社屋の中にあるので、そのままでは立ち入ることができません。
    なので、まずは普通に会社の正門に行き、守衛所で見学目的であることを伝えて、入館証をもらいます。この時必要なのは住所と氏名の記入が必要です。
    入館証をもらったら、社屋に入っていきます。そして、総務などを抜けた先に「ギャラリー」があります。
    今回の特別展示は「ワンピース」特集でした。うう、先々月までは「プリキュアDX2」特集だったんだよなぁと思いつつも、ワンピ特集も中々見応えありましたよ。
    でも、以前のDX2展示も少し残してくれていて、凄く嬉しかったです。何よりあの「フレッシュプリキュア!」等身大のピーチ・パイン・ベリー・パッションに会えただけで俺は大満足です。
    そしてプリキュアシリーズの全作品番宣ポスターも見れたりして、結構な興奮具合ですよ。
    これ来年もしプリキュアの企画展あったら、絶対もう一度期間中に行く可能性大です。その他にも巨大なマジンガーZとか、ワンフェス等で販売された版権商品の見本品展示とかもあって、密度が濃かったです。
    あとは貴重な資料して、昔の会社案内パンフとかも展示されていたりと、歴史を感じるところもあって、これで入館無料は十分すぎる内容だと思いました。
    他にもデジタルに移行する前まで実際に使っていたセル撮影台・編集機なども別室で展示されていて、見応えありました。
    あと、ギャラリー内には感想ノートというものがあって、来館者が自由にコメントを書けるようになってます。で何冊か読ませて頂きましたが…
    これは「とらのあな」のコミュニケーションノートそのものだ!と断言できるレベルです。
    めっちゃ上手いイラストが大量に載ってて、俺歓喜です。みなさん各作品への愛が溢れておりました。
    そんな感じで、超満足なまま帰ろうと思っていたんですが、出口そばにインフォメーションなるところが…。
    そこを見てみると…人事異動辞令とか普通に貼ってるし…。
    そうか、鷲尾元Pは今月もっと偉い役職についたんだなぁとか知ることが出来ましたw
    そんな感じで、入館証を守衛さんに返却して、東映をあとにしました。
    ちなみにギャラリーの入り口で、企画展示の簡単なパンフと、フレッシュプリキュア!のぬりえ(←なんでまだフレプリ?)と、劇場公開作品の上映フィルム(←今だと「オールスターズDX2」の劇場公開フィルム)の切り出ししおりがもらえます。
    ちなみに俺が貰ったフィルムはモエルンバさんのシーンのフィルムorz
    まぁいいんだよ…だって、それ以外のフィルムもミズ・シタターレさんのシーンしか無かったからorz
    何せランダムじゃなくて、普通の入れものから来場者が勝手に選んで持って行く方式だったので、そりゃいいシーンは先に無くなる罠w
    でももうDX2の上映フィルムが切り出されてるんだぁとも思ったり。上映終了後のフィルムを廃棄せずにこうやって、再利用してるのは結構嬉しいですね。
    と考えると…これは今度冬辺りに行くと、「ハトプリ」の上映フィルムが(ry

    まぁそんなことはさておき、西武大泉学園駅に戻って、そこから池袋を経由して、今度はアキバへ。
    特段何か買うとか、明確な目的は無かったので、適当にぶらぶら歩きつつ、過ごす。
    一応アニメイトとゲマに寄ったけど、特にこれと言っては何も無し。買いそびれてたCDを勝ったぐらいかなぁ。
    その後、普通に静かな喫茶店でコーヒーを飲みつつ、休憩。友人Y氏から仕事終わりの連絡待ち。その後、連絡を受けて、東京駅でみやげものと荷物を回収後、在来線で新横浜へ移動。
    新横浜でY氏と合流して晩飯。新幹線は自宅に戻れる終電に合わせて購入。新幹線の発車間際まで、だべってました。
    その後、新幹線で名古屋に向かい、そこから近鉄を経由して自宅へ。
    家に着いたのが、今朝の0時半頃でした。で、風呂入って就寝。ってな感じで、昨日一日を過ごしてました。

    今回は中々密度の濃い感じで、満足度も高かったです。1日目の鎌倉観光も結構楽しかったよw綺麗な風景いっぱい見れたし。

    また休みが取れたら、関東方面にはでかけたいなぁと思います。

    とりあえずこんな感じで。写真は結構撮ったんだけど、出していいのが不明なので(特に東映絡み)とりあえず全般的に保留。暇があれば、いいとこだけでも出そうかなと。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで、さきほど放送されてました「とんねるずのみなさんのおかげでした」の食わず嫌いコーナーのゲストは、水樹奈々さんだったワケですが…

    まさかのプリキュア分を大幅補給できて、俺の心の花は一気に元気になりましたとさw
    まぁ先週の予告地点で、「私、堪忍袋の緒が切れましたッ!」は披露済みだったので、それ以上は期待してなかつた部分もあるんですが…
    流石、とんねるず。この辺りの需要をよく理解してらっしゃるw
    番組終盤の罰ゲームコーナーで、奈々さんが勝ったにもかかわらず、罰ゲーム披露へともっていく流れは素敵でした。

    で、披露した罰ゲームは…
    「ハートキャッチプリキュア!」のキュアブロッサムの変身バンクシーンの決めポーズ&決めゼリフの披露でして。
    これは確かにカメラ回ってると恥ずかしいwwwwただの決めゼリフだけなら、まぁよくある話ですが、変身シーンのポーズ付きとなると…ね。

    その破壊力は確かなものでした。いい映像を拝ませて頂きました。
    今週はプリキュアが「WCハイライト特番」(大体、なんで大会2日目でハイライトする必要ry)で休止だった影響もあって、プリキュア分の補給が急務だったわけですが、これと先日放送の「MAG・ネット」の水樹奈々特集内の「プリキュア」アフレコ映像とで、完璧1週間分のプリキュア分を補給完了です。
    これで気持ちよく、次回の放送が待てるぜと。

    更に6月27日放送分(新妖精のポプリ登場回)では番組内で、プレゼント告知もあるということで、そちらも楽しみですよ。多分キュアサンシャイン絡みだと思うけど。そして、7月に入ると同時に3人目のプリキュア「キュアサンシャイン」の情報解禁で、一気に盛り上がっていきます。この前後タイミングで、OPの一部修正&新ED曲に変更かなと。次の新EDも、安心・信頼wの、前田健振付との情報がありますので、期待大です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで
    http://www.toeich.jp/?act=program-detail&info_id=1T0000001103

    「映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」が7月に東映チャンネルHDで放送決定です。
    まだBD化のアナウンスも無い本作ですので、これは来月だけ東映チャンネルHDに加入必須の予感。
    ついでに過去作も一緒にやって欲しいんだけど…それは来年春までお預けかなぁ。クソッなんで今年春の一挙放送で押さえなかったんだろうorz

    まぁ俺的にはWOWOWさんでまたプリキュア特集を組んで放送してもらう形でも十分オッケーなんですけどね。いや、もっと言うと、東映とマーベラスがBD出せばいいだけなんだけど…。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いやはやなんということでしょうw
    あの一部有志が関西や関東で実施した「絶叫上映会」(要するに劇場を貸し切って、映画上映中に突っ込みをみんなで入れたり、応援したりする実況スレ的な上映会)があったワケですが、今回はなんと公式に実施されることになりました。
    恐るべし、製作委員会チーム…。

    日時は6月24日 渋谷シネリーブルで20:30から開催されます。チケットについてはチケットぴあでの事前販売オンリーとなりますので、ご注意ください。
    詳しい注意事項・実施要項は公式サイトを参照してくださいね。http://www.nanoha.com/

    あ、あとこの模様は特典映像など製品に収録する可能性があるため、主催側でビデオカメラが入ります。その点も予めご了承くださいとのことです。

    しかしあのネタとしか思えなかったような、絶叫上映会がまさかオフィシャルで実行されるとは誰も想像できなかったとしか…。

    なんというか、悪のりし杉だろwwwと突っ込み感満載ですよ。
    まぁ子供向け映画(ex:プリキュア劇場版とか)は子供たちが必死にミラクルライトをみんなで振って応援という、なんとも微笑ましい光景ですが・・・
    ヲタがみんなで「なのはー」「フェイトー」と叫んで応援するさまは…ノーコメントでお願いしますw
    まぁ多分参加してたら、俺も同じ行動とると思うけど…それはその場の勢いであって、最悪製品版に永久保存とか、どんな悪夢だよwwwというイメージも持ってたりしますよ。

    まぁビデオ撮影ありでも行く猛者は多数いると思いますので、俺としては特典映像を楽しみにしてますよー。

    しかし、いつになったらBD出るんだよ…。プリキュアの方が先に出ちゃうよBD…。あと忘れかけてたけど、マクロスF劇場版のBDも…。
    早く出してくださいね。必ず買うんですからw

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで先週末に払込用紙が届いてたんですが、持ち合わせがなく、月曜を待つことに…。
    で、月曜の仕事帰りに近所のコンビニに寄って払込を無事完了。

    ちなみに払込用紙記載の請求番号は20100901000000210ということで、おわかりの通り、発売日+通し番号という順になってます。
    ええ、210番目ということになります。普通はこんなことバラさないけど、もう2chのゼーガスレにこの番号と時間は報告済だから、いいと開き直ってみるw

    で、バンダイビジュアルからは予約2000件突破という通知とともに、入金確認メールも届きました。これで俺の当面の仕事は終わったぜ!と。

    あとはコメンタリー投票をちょこちょこ行いつつ、入金2000件の吉報と共にBD-BOXが届くのを楽しみにするだけだぜ。

    ほんとここまでかなり長い道のりでしたので、無事発売されることを心の底から願ってます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで今日は友人と共に、名古屋巡りを。
    まぁ勿論、名駅・大須近辺のオタショップ巡回ですがw

    まぁ色々同人やらなにやら買い込みまくって帰宅です。
    いやぁしかし、今期ハトプリの同人の多さに普通に驚きましたよ。今までのシリーズって大抵エロカテゴリに相当数偏ってた印象があるんですが、ハトプリは全年齢向けのギャグ同人が結構揃ってる上に、有名サークルさんも続々参入してて、俺的には嬉しい限り。
    で、結局結構買いあさってしまったw

    でアニメイトでは「プリキュアオールスターズDX2」のアニメコミック(フィルムブックみたいなヤツの子供向マンガ)が平積みされてて、即ゲット。

    帰宅後、DX1等のサントラを横で流しつつ読みましたよ。いやはやDX2の感動再びって感じで、来月のブルーレイ発売に向けて、俺の中でもテンション上がってきました。
    一つ残念なのは、フレッシュ陣の短縮変身バンクがカットされてた点。あのカットは、この映画のためだけに木村貴宏さんが原画を書き下ろした、空中降下変身短縮バンク(長いw)で、この映画の大きな見所の一つなんですよねー。
    映像で見るとめっちゃカッコ良くて痺れる印象的なシーンなんですが、カットは少しがっかり。多分その前の通常変身バンクがあって、そちらはカットされてなかったので、クドくなると判断されてカットしたんでしょうなぁ…。まぁ確かにストーリー的にはほとんど影響ないシーンではあるんだけど…。

    あとこのマンガのいいところはモブシーンをじっくりと見れること。ほぼ全シリーズの脇役キャラ(劇場版キャラ含)は1カット以上出演してて吹いた。モブだけでここまで見応えあるとか、流石長期シリーズだなぁと。何よりファンサービスがとても嬉しい限り。
    ほんとこの映画って子供向けであると同時に、大きなお友達&各キャラの中の人へ向けてのファンサービスって色合いも強いよなぁとつくづく思います。
    大体、中の人なんて、こういう玩具販促アニメで、シリーズ終わってから同じ役でもう一度芝居ができるとか多分思ってなかったと思うし…。
    役者にとっては凄く嬉しい事なんだろうなぁ、というのは素人でも容易に想像できます。
    こういうのって、本当に滅多に無いと思うし、これがこのシリーズの今後の強みにもなると思います。ライダーや戦隊シリーズでも中々上手くいってない、過去作との連携という部分で、大きな成功(関連商品売上含んで)を掴んだのは何気にプリキュアが初めてのような気もします。

    あーホント早く、DX2のBD出ないかなーと待ち遠しい限り。その前に来月頭に先行リリースされるレンタルDVDでとりあえず、DX2分を補給する可能性も限りなく大ではありますがw

    あ、あと…
    「ふたりはプリキュアSplash☆Star」で主役の咲役を演じた樹元オリエさんが昨日、結婚・妊娠報告を自身のブログで発表されました。
    結婚自体かなり前からされてて、関係者には周知されてたらしいのですが、ファン向けに妊娠したこともあって、改めて報告とのことでした。
    まぁそれに関連して、相方でもある舞役の榎本温子さんのブログでは中々ブッとんだことになってたりもしましたがwww
    なにはともあれ、まずはおめでとうございます、と。そしてお体をお大事に、ですね。
    いやホント、丁度BS11でも絶賛放送中ですし、タイミング的には話題に昇るいいタイミングだったと思いますよ。俺的にも凄くタイムリーでしたし。
    お仕事の方については、特にセーブするとか、辞めるとは無いみたいですので、ファンの方も一安心といった感じでしょうね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    あなたの投票でオーディオコメンタリー実施話数が決まります!
    http://www.sunrise-anime.jp/news/zegapain/news/index.php

    ということで、BD-BOX化が決定した「ゼーガペイン」ですが、その新録音声特典としてオーディオコメンタリーが各巻1話分収録されることになっています。
    で、第6話(ディスク1)と第26話(ディスク5)は収録は既に決定してるのですが、それ以外のディスク2〜4のコメンタリーについては、なんとユーザー投票で決定することが発表されました。
    このユーザー投票において、投票上位のうち各巻上位1話分をオーディオコメンタリーとして収録することになりました。

    いやはや、まさかの投票ですよw
    しかもそのフォーマットはなんと、これまでのBD化プロジェクトでは最早お馴染みの…あのフォーマット。
    毎日1回1P投票、コメント有で更に1P増加。というあのシステム。他作品と競って見事にBD化をモノにしたと思ったら、今度は仲間内での戦いがwww

    どこまでもハードルをあげてくれるなーチキショー(笑)

    という具合に、こちらサイドの盛り上がりを更により一層盛り上げてくれています。
    投票開始は明日よりで、こちらのお馴染み下記ページ(BDAマイスターサイト)より投票可能となります。
    http://meister.blu-raydisc.com/jp/vote/

    自分のお気に入りの話数をバシっと投票しちゃいましょう。締め切りについては追って、制作スケジュールを鑑みながら、バンダイビジュアル廣岡さんから発表されるらしいです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで、先般BS11での放送予告通り、先ほど正午に「ゼーガペイン」公式webサイトでBD-BOX化に関する商品仕様と発売概要が発表されました。
    http://www.zegapain.net/
    http://dbeat.bandaivisual.co.jp/zegapain/
    http://www.bandaivisual.co.jp/pdf/2010/pr100607.pdf(プレスリリース pdfです)

    まず発売概要ですが・・・
    以前の「ture tears」の場合と同様に、事前予約による完全予約受注限定生産方式で発売される"予定"です。
    また、発売についても事前予約・事前入金の各段階において、最低予約数量が設定されており、これを下回った場合は発売中止となります。
    入金方法は、ゆうちょ銀行・郵便局・全国のコンビニでの郵便払込方式です。事前に専用払込用紙を上記サイトの予約受付ページに登録して送付してもらう必要があります。

    さて気になる期限・価格ですが・・・
    まず予約受付期間はただ今(6月7日正午)から2010年7月12日です。この期間内にバンダイビジュアル指定のページより予約受付登録(パソコンからのみ。ケータイからの受付はできません)を行ってください。順次、専用払込用紙がバンダイビジュアルより各ご家庭に送付されます。
    https://bandaivisual.com/enquete/form/fm/bv/resurrectourzegapain

    続いて入金期限ですが、2010年6月11日〜2010年7月28日までです。この期間内に必ずコンビニなどで全額入金が必要です。前回「true tears」の時も入金忘れがwとかいう話がチラホラ聞こえましたので、お早めに手続きを!

    そして、気になる価格・発売の可否が問われる最低受注数量ですが…
    まず最低数量ですが、2000セット以上の入金が最低数量となります。これを下回ると自動的に発売中止となってしまいます。(その場合、既に払い込まれたお金については、バンダイビジュアルが責任を持って返金します)

    このハードルは前回「true tears」の際と同じハードルであります。が、ゼーガペインはDVD発売時に置いて、全巻それ以下の数量での販売実績となっており、実質的なハードルはそれより高いものと推定されます。しかしBD発売を信じて、当時買い控えをしたユーザーも多々おり、また今般のBS11での放送による新規信者獲得wにも一定の効果があると信じ、バンダイビジュアルはこの数値を設定したと思います。
    超えられない壁では決して無いと俺も信じてますんで、是非とも皆様の勇気を一つ頂戴したい次第です。

    で価格ですが、2クールTVアニメとしては破格の36750円!(消費税・振込手数料・送料込み)よくアマゾンで売れば更に26%引きなのに…とかの声もありますが、問屋や小売を通さずに直販であることを踏まえると、この価格は妥当ではないかと。
    ちょっとDVDの原価率は畑違いなので、よくわかりませんが、同じ流通業界に関わってる人間としては大体売価の7掛け(70%)ぐらいが原価です。多分通常、尼で26%引きとか普通にしてるので、DVDの原価率は5掛けから6掛けぐらいだと思いますけど。そう考えれば、別段高いとは思わない価格かと。これが一般小売ルートだと多分定価段階で5万超える可能性が多分にあります。

    さてさてご託が増えてきたwところで、気になる商品仕様にいってみましょう!
    まず基本スペックから、リニアPCM(ステレオ)、BD50G×5枚+BD25G×1枚、AVC16:9(1080p High Definition/特典の一部1080i)とのことです。
    今回はきちんと1080pなんだろうな…バンダイビジュアルさんよ…。頼むから「tt」と同じ轍を踏むのだけは勘弁してください。(流石に今回はマスターきちんとチェックしてると信じたい)
    収録時間は678分(本編608分+映像特典約70分)を予定。
    封入特典はブックレット(キャスト&スタッフコメント等を収録)、音声特典としては、オーディオコメンタリー(新規録り下ろし/詳細は6月9日にアニメ公式サイトで発表)とのこと。
    新規にオーディオコメンタリーとはなんとも嬉し過ぎる仕様。
    できれば全話欲しい所だけど、やっぱ主要話数のみかなぁ・・・。
    映像特典は新規収録として、ノンスーパーオープニング(一部再収録)、PV(ゲーム予約特典「スペシャルダイジェストDVD」収録のPVを含む全4種)、デジタルギャラリー(版権イラスト、DVD解説書等を静止画で収録)以上が新規収録分、DVDからの再収録分は、ノンスーパーアバン、ノンスーパーエンディング、フルコーラスエンディングの以上が再収録となります。
    その他特記事項としては…本編のオープニングには復刻した初回オンエア版を使用とのことです。やったぜ!オンエア版オープニングktkr。ずっと2chのスレなどでも渇望されていた本放送時のOPバージョンで収録されますよ。本作品はOPが毎回微妙に修正されるいわゆる「進化するOP」だったんですが、DVDや現在放送中のBS11では全てワンパターンでの収録・放送となってます。あの本放送時に微妙な変化はとても面白かったので、DVD化の際にオミットされてて残念だったんですが、それが復活とは…バンダイビジュアルはよくわかってらっしゃるw

    更にこのBD-BOXを予約・入金した人の中から抽選で、「ゼーガペイン Blu-ray BOX発売記念イベント」にご招待。2010年8月下旬、東京近郊にて開催予定で、詳細は7月1日に公式サイトで発表とのこと。
    まぁ俺はどのみちスケジュールが合いそうにないので、参加は無理かもですが…購入者向けにイベントとか嬉しいサプライズもありますね。

    とまぁここまでつらつらと、書き連ねてきましたが、いよいよBD-BOX化に向けて本格始動ですよ!私も早速、BOX予約させて頂きました。皆さんもぜひ1個いかがですか?

    さて、ごちゃごちゃ書いてたので、ここらで纏めてみましょう。公式サイトから丸パクリですがw(ポイントとなる部分は太字にしました)

    <商品概要>
    商品名:ゼーガペイン Blu-ray BOX ※完全予約受注限定生産商品
    販売価格:36,750円(消費税・振込手数料・送料込み)
    収録時間:(予)678分(本編608分+映像特典約70分)
    スペック:リニアPCM(ステレオ)/BD50G×5枚+BD25G×1枚/
          AVC/16:9(1080p High Definition/特典の一部1080i)
    封入特典:ブックレット(キャスト&スタッフコメント等を収録)
    音声特典:オーディオコメンタリー(新規録り下ろし/詳細は6月9日にアニメ公式サイトで発表)
    映像特典:【新規収録】ノンスーパーオープニング(一部再収録)、
          PV(ゲーム予約特典「スペシャルダイジェストDVD」収録のPVを含む全4種)、
          デジタルギャラリー(版権イラスト、DVD解説書等を静止画で収録)
          【再収録】ノンスーパーアバン、ノンスーパーエンディング、
          フルコーラスエンディング
    その他
    本編のオープニングには復刻した初回オンエア版を使用
    ■予約入金された方を抽選で「ゼーガペイン Blu-ray BOX発売記念イベント」にご招待
    (2010年8月下旬、東京近郊にて開催予定。詳細は7月1日に公式サイトで発表)

    ※商品仕様は予告なく変更になる場合がございます。
    2,000個以上の予約入金がない場合は生産いたしません
    ↑でも、予約の売買規約のページに「ただし、本商品のご注文数及び本商品代金のご入金額が2,000個分に満たない場合においても、弊社の裁量により、本商品の生産、販売を行うことがあります。」という謎の予防線が張ってあるのがちょっと気になるw前の「tt」の時は無かった一文だと思うけど。

    発売・販売元:バンダイビジュアル

    <発売スケジュール>
    予約受付期間:2010年6月7日正午〜2010年7月12日
    入金受付期間:2010年6月11日〜2010年7月28日
    入金方法:ゆうちょ銀行・郵便局・全国のコンビニエンスストアより振込

    申込サイト:バンダイビジュアル・デジタルビート内特設ページ
    商品お届け日:2010年9月1日

    あともう一つ、売買規約の中で、お一人様1個限定とはなっているものの、「2個以上のご購入の申込みを頂きました場合、弊社の裁量により、本商品1個のご購入申込み、全て無効の申込みまたはご注文頂きました全数量の申込みとみなさせて頂きます。」ってなってて吹いた。
    これって複数買いは常識の範囲内なら認めるともとれる…。まぁ前回も住所同じでも名義違えば買えたみたいですし、あくまでも常識の範囲内(転売ヤーではない数)の複数買いはおkということか。

    さぁ、いよいよ盛り上がってきた「ゼーガペイン」BD-BOX、発売実行なに向けて、がんばっていきましょー!おー。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで、現在BS11デジタルで放送中の「ゼーガペイン」本編内にて、BD化プロジェクトの進捗状況がテロップで案内されました。

    それによると、「ゼーガペイン」BD化プロジェクトはフェイズ2へ移行。詳しくは6月7日正午以降にゼーガペイン公式サイト http://www.zegapain.net/へアクセス!とのこと。

    どうやらいよいよ、BD化に向けて予約受付ても開始するのかな?という雰囲気です。

    とにもかくにも、詳しくは7日正午発表の模様。

    追記:ついにBD-BOX発表キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
    詳しくは
    http://blog.tagroup-web.com/blog/2010/06/bd-box-86ce.html

    このページのトップヘ