てぃーえーグループ本部blog

まったりとしたアニオタ会社員の日記を晒していきます。
なんか気づいたら、「プリキュア」と「なのは」専門ブログと化してる現状ですが、それもご愛嬌ということでお許し下さい。
あと、どうやら最近はプリキュアに変身する力を授かったようで、ごく稀に街を守りに行ってる模様です。

    2009年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「よくわかる現代魔法」BS11デジタル
    原作未見。集英社スーパーダッシュ文庫刊のラノベアニメです。アプコン放送。
    1話を我が妹と共に視聴。あまりのベタ設定で吹いたwまぁこれはこれでアリだと思う。
    視聴継続はちょっと微妙…。先が知りたくもあり、知らなくても良いような気もする…。
    どうするかなぁ。ネタ的には見ておきたい作品。
    初回から意味不明過ぎて…やはり原作見てないと厳しいかなぁ。

    「GA芸術科デザインアートクラス」三重テレビ
    コンポジットレタボアプコン放送。久々にドット妨害大炸裂な映像を見たぜ。(最近じゃBS-TBSぐらいしか拝めない)しかし三重テレビはドット妨害は出るのに、クロスカラーは出ないという変態仕様を改善して欲しい…。3次元Y/C入れてください…せめて…。
    OPから「ひだまり」臭がしたんですが…これは仕様ということでいいんですよね。
    本編突入後は流石の桜井弘明監督らしい演出が炸裂しておりましたw
    初回の掴みは悪くない印象。ただ一昔前の桜井監督のキレはないなというも率直な感想。あの畳みかけるようなハイテンションギャグが持ち味ですし。
    素材は悪くないのに、ちょっとテンポが遅く感じてしまう・・・。

    とりあえず本日地点で東海地区で放送済作品をチェックしました。

    既に2話、3話目に突入した新番もあり、今後厳選しつつ、次の秋新番に備える準備も始めなきゃいけないですが、今期は地味にレベル高くて困る…。
    うーむ、今期はさらっと流せると思い込んでただけに、予想外によさげな作品が多くて、こっちも困りますがなw状態。
    OP/EDはまだ出そろってないので、評価し辛いところですが、頭ひとつ抜けてる印象があるのはやはり「化物語」OP/EDかなと。
    このOP/EDだけは今のところ何度でもリピート再生しちゃいます。

    「〜ひたぎクラブ〜」のOP「staple stable」は作詞がmeg rock、作・編曲が神前暁、歌が斎藤千和という安定感が炸裂するいいOPです。
    オープニングディレクターはシャフト作品ではお馴染みの尾石達也さんが、今回も手がけています。
    今回もかなり前衛的で鋭い映像に仕上がっていて、見応えがあります。これで毎シリーズ毎(2話毎?)にOP映像、OP曲が変わるんだったら、相変わらず凄いとしか…。
    しかしある意味攻撃的な映像とは裏腹に、歌・曲は極めて爽やかな夏らしい楽曲で、聞いてて心地良いです。これがなんでシングルカットされないのか、理解に苦しむ。
    なんでBD/DVD初回版特典なんだよと…。

    でEDは以前の記事でも書いてますが、supercellが担当する「君の知らない物語」。
    作詞・作曲・編曲がryo、歌がnagi(ガゼル)というニコニコ的には超が付くぐらい嬉しい究極コラボレーション!
    相変わらずたまらないほどの疾走感に加えて、俺が特に好きな転調がしっかりと押さえられてて、俺のツボを刺激しまくりです。早くフルが聞きたい…特に間奏部分が早く…。
    この曲だけはもう何十回も連続リピートしまくってます。もし先行着うたフルダウンロードとかあったら、速攻で買うんですが…。
    しかしこんだけメロディラインを聞いて一発でryo作曲だというのが分かるぐらい、この人のメロは特徴的だと思いますよ。更に歌詞が恥ずかしいぐらい青臭いのもまたらしさですしwこれは買いですよ…。
    こちらはきっちりシングル化されます。supercellメジャー1stシングルとして、ソニーミュージックから8月12日発売です。
    初回版にはDVD付きの限定版が別途リリースされますので、そちらを信者の方はチェックです!
    カップリンク曲はこれまたアニプレックス製作のアニメ「センコロール」のテーマ曲とメインテーマ曲(インスト)が収録されます。
    あとは「君の知らない物語」のTVバージョンとインスト版も収録です。これは発売後一気に「歌ってみた」が大量アップされそうな予感w
    あとはやはり「初音ミク」版と、仮ミックス版でryoが使っていたという「鏡音リン」を使った作品は多数アップされるだろうなぁ…。
    というかryoさんには宣伝もかねて、リンバージョンをうpして欲しいなぁとも思う…。
    まぁガゼルが歌っている地点で、人とボーカロイドという超えられない壁はある訳ですけど。

    いやはやえらく熱く書いてしまいましたが、今回のシングルは間違いなく買い!それだけは確かだと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    昨日に引き続き、本日も新番チェック進行中です。
    「CANAAN」東海テレビ
    OP観た時はアプコン臭すぎたんですが、本編映像を見る限りはHDっぽい…。変な編集の仕方してるなぁという気がする。
    1話は導入部分過ぎて、意味のわからぬまま終了。ただアクションシーンは凄く魅せてくれてて、見てて不満に感じないのは凄い。作画も気合い入ってるのがよくわかりますし、流石P.A.WORKSといったところでしょうか。
    とりあえず次回へ様子見。

    しかし今期は本当に粒が小さいながらも良作が揃っている感じがします。本数的にもギリギリチェック可能な範囲の本数ですし…。ここ1、2年の放送本数が異常すぎでした。
    今期は割と落ち着いて腰を据えた上で、ゆったりと視聴できそうです。

    あとアニメとは関係ない話ですが、このtagroup-web.comのドメインも先日年次更新しました、ドメイン期限自体は来月なんですが、忘れると大変なことになるので、早めに対応して1年更新です。
    とりあえず自由にDNSが弄れるという点でバリュドメ以外選択肢がほぼ無いので、こちらはそのまま契約継続にしました。
    サーバーの方は既にさくらインターネットに移管済です。でこのblogは@niftyのココログを独自ドメイン仕様にして使っていますので、サーバーはniftyのを使ってます。
    他社のblogサービスもいろいろと比較検討してますが、使いやすさではココログがベストですんで、このままという感じです。
    もっといいサービスを行っている業者さんがあれば移行も検討するんですけどね…。あと先日より新たにgoogle AdSenseを新規導入しております。鬱陶しい広告が出てますが、サイズ等を含めて調整の余地ありそうですので、しばしお待ちください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで昨日に引き続いて、新番チェック続きます。
    「かなめも」テレビ愛知
    スタチャ製作、絶望先生同様画質のアプコン放送。
    掴みの1話目としてはまずまずの滑り出し。キャラクターが個性的で結構期待できる予感。主人公がけいおんの(ryにしか聞こえないのは仕様だから仕方無いとしても、俺は水原薫だけで視聴継続できるw
    久々にヴァの人モードで声出してて笑った。あの声出すの大変なんだろうなぁと地声を聞いて思ってしまう…。

    「狼と香辛料II」テレビ愛知
    わっち2期きました。今回もHD制作、HD放送と手堅く放送してくれてます。
    OP/EDはそれぞれ、新居昭乃とROCKY CHACKです。なんという「ゼーガペイン」コンビ!!期待通りのクオリティでキタコレという感じですよ。
    本編はわっちかわいいよわっち状態w1期はまともに見てなかったことを激しく後悔。2期はしっかり捕獲していく方向で。

    とりあえず本日分はここまで。
    追伸:「ファイト一発!充電ちゃん」AT-Xなんですが、痛恨の録画ミス(というか予約忘れ)で1話を捕獲し損ねてます。やはりRDを最近ほとんど起動してなかったせいで、完全に忘れてました。
    なので、コメントのしようがありません…。AT-X契約者なのになんという無意味っぷりw
    そんなこんなですので、充電ちゃんは以後の話数を見てみて考えたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜」CBC
    パチンコ原作、CBC製作の深夜アニメで、監督は佐藤順一という中々豪華な布陣。放送画質はフルサイズアプコン。(レタボズーム相当ぐらい)
    とりあえず溜まっていた1・2話を一気に視聴。流石の佐藤監督、演出の安定感はピカイチです。
    当初俺の想定していた雰囲気とは若干違いましたが、これはこれで全然ありではないかと。
    3話目以降も視聴継続の方向で。キャスティングも非常にマッチしていて、違和感なし。
    放送画質が極めて残念画質なのが残念。これまでこの枠の画質は大抵HDだっただけに…。
    OP/EDは作品世界の雰囲気に合致してていいと思います。特にEDは久々に伊藤真澄キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!という感じw

    「うみねこのなく頃に」テレビ愛知
    「ひぐらし」の原作・スタッフ陣が贈る、新シリーズ。放送画質はこちらもフルサイズアプコン。(レタボズーム相当)ボケボケ画質。勿論原作未見、未プレイw
    OPはイメージ通り過ぎて吹いた。ただBD/DVDの売り方がえぐいという印象をCMで受けましたよ。DVD限定2種+BD限定ってどんな嫌がらせだよw
    本編はまだ導入初期段階ということで、話の筋が未だ見えてこない…けど、面白そうな要素は既にばらまかれているので、次回も観たくなるのは確か。とりあえず視聴継続。
    前作のひぐらしは途中で挫折して、それっきりだったので、今回こそは完走したいところw

    「エレメントハンター」NHK教育
    NHK教育で久々の子供向け新作アニメ。スクイーズアプコン相当。テロップ類はHDなので、編集自体はHD。
    製作はエレメントハンター製作委員会でNHK本体は直接関与せず、子会社のNEPが担当。
    それにしてもいきなり主人公が棒読みが萎えるw ヒロインが榎本温子だから余計に素人臭が気になってくるorzというか、主人公以外のキャストが手堅過ぎる…。
    劇伴はこれまた安牌な佐橋俊彦氏。やばい、BGMだけで燃えるw
    ストーリー的には1話でよくあるご都合展開なのですが、もう少し説明欲しいぜ…。ただ俺の期待値通りの出来だったので、当然視聴継続。久々に見応えのある子供向け作品にハマれるかも…。
    公式サイトは製作委員会のものと、NHK本体のものと2種類ありますが、委員会側のページの気合いが入ってるのは当然として、NHK本体のページも気合いはいりすぎワロタ。というか連動データ放送で番組参加可能とか、気合い入れすぎだろ…。しかしこれって韓国と共同制作する意味あったのか不明過ぎる。普通に日本国内だけで十分企画できたレベルなんじゃ…。

    「プリンセスラバー」中京テレビ
    エロゲ原作、中京テレビで流れる作品としては異例のHD放送。映像的にはアプコンした映像にHD編集でテロップ入れしてる雰囲気。なんでタユタマはあんな糞画質だったのに…こんなに落差が。
    まずアバンタイトルでいきなりBS-iよろしく必死テロが流れて萎える。U局アニメにまで必死テロが出てくるとはなぁ…。
    本編的にはエロゲ原作分を差し引いても、普通にいい出来ですよ。次回が気になる作りになってたし。相変わらず若本御大の存在感は異常w

    「懺・さよなら絶望先生」テレビ愛知
    今更説明の必要が無いと思われる本作ですが、特段語ることが無いwいつも通りの絶望先生ですw

    「宙のまにまに」テレビ愛知
    AT-X製作アニメ。マーベラス、ソニーピクチャーズ、ポニキャンEP、ランティスという委員会構成。HD画質でのオンエア。AT-Xより高画質確定な件w一応、AT-X契約者なんですが、これは心境が複雑…。
    監督は高松信司監督。当然のように提供バックに遊びを入れてきてる…流石だ。
    Aパートから飛ばしまくりwww何度爆笑したことか、見事にAパートで作品世界に引き込むこの手腕は凄いとしか言いようがないですよ。
    あっという間に1話終了。確実に視聴継続です。

    「化物語」テレビ愛知
    新房監督作品今期2本目。というか、「まにまに」を挟んで放送なんで、これはなんという新房アワーwww
    HD画質でのオンエア。今期はアプコン放送ではない作品が複数出てきて、いよいよブルーレイ時代が本格到来という感じです。
    1話ではOPがなく、EDしか流れていませんが、ニコニコ動画では既にお馴染み、そしてボカロ界隈でも大ヒットメーカーとして知られる「supercell」(代表作「メルト」「ブラック★ロックシューター」など)がEDテーマ楽曲を担当していることでも話題です。
    歌っているのは、ミクではなく…こちらもニコニコ動画の歌ってみたで有名だったガゼルこと、nagiさんが担当されています。曲は相変わらずryo節炸裂ですよ。これは確実に売れると思う…。
    本編は相変わらず新房演出炸裂です。新房作品はどんな原作でも同じに見える。それがいい部分でもあり、悪い部分だとも思うけど。しかしこの作品も次回が気になりすぎる…。
    勿論次回も視聴継続で。

    とりあえず本日までに放送された新番組は以上です。
    今期は想像してるよりも放送画質のいい作品が多い予感。やはりブルーレイ同時発売作品が増えたことで、放送画質を意図的に下げるメリットが薄くなってきたというのもあるかも。(ただ同じ作品なのに、HD画質の局から額縁放送の局まで分散しているのは頂けないです。どうしてこんだけ納品形態がバラバラなのか…不思議なところです)
    そして、今期は初期期待値が低めの作品が多いせいもあって、昨期に比べても小粒ながら安定感のある作品が多い印象です。大外ししてる作品が今のところないのも凄い。
    このあとの新番組にも期待がかかります。

    そして昨日はレイトショーでヱヴァ破3回目観てきました。筋書きはほぼ把握しきった上で、細部や伏線の張り方などの確認を目的として、観てきました。やはり劇場で観ると、もう3回目なのに同じところで鳥肌が立つし、ドキっとしてしまうw
    ああ早くBDで視聴したいというのが本音です。とりあえず上映期間が残ってるうちにあと1回は見に行くつもりです。

    とりあえず今日はこんな感じで。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ということで昨日夜、仕事帰りにレイトショーで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」2回目観てきました。
    昨日は毎月1日で1000円均一ということで、格安で観れました。ポイントも貯まってるので、次回は無料で観れる訳ですが…。こりゃあと2回ぐらい行くか?

    いやぁ2回目だと、ストーリーはもうわかってるので、焦らず細かい部分も観る余裕ができて本当に良かったです。
    ネットでいっぱい出てるネタバレや考察を踏まえた上で、見直すとやはり細かい部分で「おおっ」と思えるシーン・カットが多いですね。やはり本作は最低2回以上の視聴必須です。
    前回、序の時は劇場では2回観ただけでしたが、破は3回以上は堅いと思います。

    とにかく静と動のバランスが究極的にとれていた希有な作品だと思います。100分強の上映時間でバトルの山場が本編中3回に日常シーンをしっかり織り込みながら展開するとか、普通の映画では破綻しそうなことをしれっとやってのける辺りに痺れます。

    とにかく一分たりとも無駄なシーンは無く、ダレるということが無いので、観た後はかなりのエネルギーが奪われますw
    エンドロールで初めて息抜きができる感じで、それは昨日も同じでした。一気に緊張感から解放されるという感覚を覚えます。で、Cパートであるエピローグ、次回予告となる時に再び一気に緊張状態に。

    この高揚感はまさにTVシリーズを私が1997年に初めて観た時と同じ感覚です。
    (私がこっちの世界に入ったのが97年なので…。春エヴァの辺りでTVシリーズを見て、一気にハマりました。で一気に夏エヴァと翌年春上映の「DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に」でポカーンですよw)
    この感覚をこの2009年に改めて、感じられるということに感謝すると同時に、あれから12年、俺自身も変わった部分もあれば全く変化無い部分もあるなぁと、ちょっと物思いにふけっちゃいましたよw

    さて次回、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q〜Quickening〜」では予告に描かれた眼帯アスカに加えて、TV#26で登場のリナレイ、更にちびレイも登場など、更に新たなキャラ(?)も登場して、いよいよ謎の核心・物語の終息に向けた最重要な作品となるだけに、ここでの展開が試薬も気になります。
    果たして今度こそはみんなが幸せになれるのでしょうか?本当に先が気になります。

    で、早く破の全記録全集発売告知こないかなぁと。あの極厚の全集にこそ全てが詰まってると思ってますので。「序」の時も買いましたが、見応えは十二分にありますので、エヴァヲタは購入必須アイテムですw

    今度劇場に見に行くのは来週以降の予定。今週末は明日放送の「序」の影響がモロに出ると思うので、あえて避けるつもりです。

    明日は「序:TV版」がオンエアです。既にBDレコに予約済ですので、その辺りの対応は完璧です。みなさんも録画予約はお忘れなく!

    このページのトップヘ